IMAX 3Dで『ドクター・ストレンジ』を観た感想・レビュー(※ネタバレあり)




2月1日にIMAX 3Dで「ドクター・ストレンジ」を観てきました!

 

待ちに待ったMCUフェイズ3の第2作です!

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」に繋がる一作であり新たなヒーロー誕生の映画なので期待大で観てきました。

 

ストーリーは超シンプル

上から目線の天才外科医、彼を目覚めさせたのは、魔術ーー

上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは─魔術。指導者エンシェント・ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。しかし、“人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。(公式HPより)

あらすじ自体は難しいことはなくヒーロー誕生の第一作としては王道と言えます。

 

映画サイトのレビューではストーリーがつまらないという声が多かったです。

確かにアベンジャーズへ繋がる一本とか考えずに一本の映画として完結するものを望んでいた人には少し物足りないのかもしれません。

 

ラスボスの倒し方が不満という声もよく見かけましたが、大魔術ドーン!で片付けられるより良かったんではないでしょうか。魔術と言う名のエネルギー弾の撃ち合いとかじゃなくて安心しました。

 

ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクターストレンジのキャラクターも魅力です。

富や名声を欲しいままにしていた主人公が挫折を経てヒーローになる、という点ではアイアンマンに似ていますね。

 

アイアンマンを演じるロバート・ダウニー・ジュニアも

ドクターストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチも

シャーロック・ホームズを演じた経験があるという共通点があります。

 

やっぱり天才ヒーロー役なので知的な雰囲気が大事なんでしょうね。

 

未知の映像体験

IMAX 3Dは映像が飛び出してくるとか、奥行きが感じられるといった次元ではなく

映像の中に入り込んだような感覚に陥ります。

 

ドクター・ストレンジはIMAX 3Dを最大限生かすために作られたような映像が魅力です。

 

4Dではなかったのですが座席が傾いているように感じることもあり苦手な人は酔うレベルです。

 

「インセプション」で似た映像がありましたが、個人的には既視感はなく全く別次元の映像に感じられました。スケールが違います。

 

MCUの一本としてまとまっている

『ドクター・ストレンジ』はマーベル最強の魔術師でありながらも、

アイアンマンやキャプテンアメリカと住む世界が同じという設定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の一本です。

 

あまりにも異次元な力を持ちすぎていると今後他のヒーローと共演した時に力の差が歴然になりすぎるのでどうやって調整するのか気になっていましたが、、、

 

・物理法則無視の大魔術の使い手は皆死亡

・時間操作の反則技は発動に必要な「アガモットの眼」を返却(?)したので今後は使用しない?

 

ということで映画の中ではこれでもかというほど強力な魔術が登場しますが

今後アベンジャーズの一員として戦うときには

「自由に飛んだりワープできてどこでも武器を出せるおじさん」ぐらいで出てくるのではないでしょうか・・・

 

とはいえアストラル体(幽体離脱)やミラー次元(現実に干渉しない次元への転送)を使えるままだと思うのでアベンジャーズの中でも異次元の力を持ってることには変わりありません。

 

「アガモットの眼」もインフィニティ・ウォーで重要アイテムになるインフィニティストーンの一つであることが判明したので今後も登場しそうです。

 

今後の登場は「ソー・ラグナロク」か

エンドクレジットでソーと話すシーンが映りました。

今年の冬公開予定の「ソー・ラグナロク」への出演はほぼ決まったようなものですね。

ベネディクト・カンバーバッチのWikipediaを見るともう出演作品に加わってましたし。

「ソー・ラグナロク」にはハルクも登場すると噂なので、アベンジャーズの中でも異次元クラスの3人が揃うのは楽しみです!

(ハルクことブルース・バナー役のマーク・ラファロwikipediaにも作品が加わっていました)

 

まとめ

ひとつの映画としてはストーリーがやや普通ですが

観たことのない映像を見られる映画であることは確かです。

 

どうせ見に行くならIMAX 3Dで見ることをお勧めします!

 

今後も決まっているだけでこんなに豪華なラインナップが続きます。

今後もMCUから目が離せません・・・!

 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」

「スパイダーマン ホームカミング」

「ソー・ラグナロク」

「ブラックパンサー」

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

「アントマン ザ・ワスプ」

「キャプテン・マーベル」

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー2(仮)」

 

おまけ

・映画でよくある車の事故のシーンがいつもビックリするのであんまり好きじゃないんですが

本作の事故シーンは「さあ、今から事故りますよ!」というメッセージをビシビシ伝えてくれるので助かりました。

・冒頭のMarvelロゴの演出がコミックから実写に変わっていました!

・見に行ったら絶対ワープしたくなります。

 

 

関連コンテンツ



この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です