【1年使って分かった】iPadお絵描きアプリの決定版『Procreate』の良さと欠点を挙げてみる




どうも、橋本(@Abhachi_Graphic)です。

僕はiPadでのイラスト制作にはProcreateというアプリを使っています。Illustratorで仕上げる場合も、ラフや線画はProcreateで描くことが多いです。家電量販店の展示品のiPad Proにも大抵入っていて、操作感が好きで購入しました。

ずっとProcreateを使ってくると他のペイントアプリには戻れなくなってきたので、改めて使いやすくて良いところを書いておこうと思います。

Procreate
1,200円
(2018.05.14時点)
posted with ポチレバ

 

基本機能と良いところ

メインのインターフェースはこちら

ざっくりですがメインのインターフェースはこんな感じです。

シンプルな絵を描くという部分については少し触れば理解しやすいインターフェースです。二本指で画面をタップすれば操作をひとつ取り消し、三本指で下にスワイプすればコピーやペーストのメニューが出てくるといったタッチジェスチャーも豊富に用意されています

主なタッチジェスチャー

  • 二本指タップ→操作の取り消し
  • 三本指タップ→取り消し操作を元に戻す
  • 三本指で下にスワイプ→コピー・ペーストメニューを表示
  • 三本指で左右に往復→レイヤーの中身を消去

 

「Quickline」で直線も引きやすい

Quicklineは線を描画して終点でペンを止めると始点と結ぶ直線を引ける機能です。モバイルのお絵描きソフトではキーボード(shiftを押しながら引くと直線になるといった機能も含め)が使えないので、直線の引き方は大きな問題です。

ペンを止めてから直線になるまでのタイムラグは0.1秒から1.5秒の間で設定できます。直線を多用する場合は0.2秒くらいにすればスッスッスッと直線を引いていけるので便利ですが、少しペンを止めただけで直線いなるのが煩わしいのでお好みの値に調整が必要です。

 

インターフェースは白にもできる

Procreateといえば暗いインターフェースですが白にもできます。地味に嬉しい機能。

 

消失点を打って遠近法ガイドを表示

縦横の基本のグリッドは常に背景に表示されているのですが、最大3点の消失点を使った遠近法ガイドも表示させることができます

 

多彩なレイヤーのブレンドモードを選べる

レイヤー操作も最低限揃っていて、乗算やオーバレイといったものを含む18種類のブレンドモードが用意されています。さらにレイヤーマスクが掛けられるのもモバイルアプリでは珍しく使いやすいところ。

ちなみに、レイヤーをはさむようにピンチインすることでレイヤー結合することができます!これを知らないとかなり面倒。

 

モバイルアプリにしてはデフォルトのブラシがとにかく豊富

エアブラシや鉛筆などに加えてテクスチャや火・雲などブラシはかなり数があります。(正直言うとこんなに使わないんですけどね…)

 

psd形式を読み込める+書き出せる

PhotoshopのファイルをPro Createに読み込めばレイヤーなどが保持されたまま編集できますし、そのままpsd形式で書き出すこともできます。つまり簡易版モバイルPhotoshopのように使うこともできるというわけです。

 

制作過程をタイムラプス動画で出力できる

かなり前に描いたイラスト素材ですがこの動画は(BGM以外は)Procreateが勝手に収録しておいてくれます。わざわざ画面収録する必要がないので、メイキングをアップしたい方には最適です。

欠点

  • ブラシサイズを数値入力できない
  • 高解像度にするとレイヤー数の上限がかなり少ない

あくまで「モバイルアプリ」なのでレイヤー数は仕方ない部分があると思いますが、ブラシサイズはスライダー操作による%指定しかできないので、数値入力はなんとか実装してもらいたいところ。

 

まとめ

どんどん新しい機能もアップデートされているので本格的でも落書きでも、iPadでお絵描きしたい人には超オススメです。

僕ももともと「有料アプリはちょっと‥」と思っていたんですがApple Pencilと合わせて10万円近くしたiPad Proを最大限に活かすためには安いものです。冒頭でも書いた通り、ビックカメラなどに置いてある端末には入っていることが多いので試してみたい方はぜひ店頭へ。

Procreate
1,200円
(2018.05.14時点)
posted with ポチレバ
The following two tabs change content below.

橋本ナオキ

1992生の関西人イラストレーター。毎日投稿4コマ漫画『毎日でぶどり』の書籍化が決定しました。クリエイターが固定収入をつくる方法を発信しています。LINEスタンプ•着せ替え合わせて100個作りました。働き方や成長・マーケティング・便利ツール・書評について書くことが多いです。ご依頼・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク









この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

1992生の関西人イラストレーター。毎日投稿4コマ漫画『毎日でぶどり』の書籍化が決定しました。クリエイターが固定収入をつくる方法を発信しています。LINEスタンプ•着せ替え合わせて100個作りました。働き方や成長・マーケティング・便利ツール・書評について書くことが多いです。ご依頼・お問い合わせはお気軽にどうぞ。