「落書き」のLINE着せ替えをリリースしました




どうも、橋本(@Abhachi_Graphic)です

 

先日、ノートの端に描いた落書き達を集めてLINE着せ替えを作ってみました。

その名も「らくがきの着せ替え」です!(そのまま)

 

もちろん書き直したり配置を整えたりもしています。

すごくうるさいのを出してやろうと思っていたのでうるさい感じに仕上がって満足です。

 

LINE自体の使いやすさがどうなるかは保証しかねます。

LINE Storeのページから詳細を見ていただけるので、よかったらご覧ください。

 

ランキング好調です!

2月4日現在、LINEクリエイターズ着せ替えランキングで133位まで上昇しました!

自分の落書きが元になっているという、ある意味一番「自分の絵」なので天井知らずの嬉しさでございます。

ざっくう先輩の胸をお借りします。

 

「らくがきの着せ替え」の作り方

主に手帳やノートに描いた本物の落書きです。

Adobe Captureというアプリを使って落書きをIllustratorに送りパス化しています。

 

Adobe Captureは緻密な絵をトレースするのには向きませんが、

シンプルな絵をパス化するには最適なツールなのでAdobeアカウントをお持ちの方はぜひ使ってみてください。↓

紙に描いたイラストからベクターデータを作れるアプリ『Adobe Capture』がめっちゃ便利

2018年6月2日

 

余談

ラクガキと言えばこの「どこかで一度は見たことのある絵」を描いている寄藤文平さんの

「ラクガキ・マスター」という本がとてつもなく面白いので興味のある方は読んでみてください。

 

イラストを描く方法は何かと難しく考えられがちですが、

とにかく絵を描くことがシンプルに捉えられて練習したくなる一冊です。

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク









この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です