フリーランスになる前に不労所得を育てよう!




どうも、橋本(@Abhachi_Graphic)です。

これからフリーランスを志す方がこの記事を読んでくれていると勝手に想像して書いています。そんな方にオススメしたいフリーランスの準備の一つが、不労所得を育てておくことです。

不労所得と言うと家賃収入とか株の配当をイメージする方も多いと思いますが、自分が作ったコンテンツに稼いでもらうことも立派な不労所得の一つです。なぜ育てるという表現を使ったのかは後述します。最初に言っておきますが、記事の最後でネットワークビジネスや先物取引に誘導したり怪しい話はしないのでご安心ください。笑

不労所得があると精神的に安定する

不労所得を持つべきなのは経済的な安定はもちろん、精神的な安心をゲットできる方が大きいからです。

例えば私は独立したての頃、収入が不安で記事作成やアンケートといった本来やりたいわけではないタスクをやって小銭を稼ごうと思っていた時期がありました。しかし時間をお金に換えるのではフリーになった意味が薄れます。LINE関連で労働時間と関係ない収入が多少見込めるようになったことで、自分の作品を作ることに集中することができるようになりました。その作品が今の幾つかの仕事につながっているので、不労所得はそれ自体が稼いでくれる価値だけではなく収入面での不安を払拭して次の行動に移ることができるというメリットもあるのです。
特に受託だけでやっていると、急に大きな病気をした時に収入が一切ストップしてしまう事態になりかねません。体調を崩した時やプライベートで用事がある時にも(たとえ額が小さくても)不労所得があると安心できます。遊んでいるのに仕事のことで頭がいっぱいにならないためにも有効です。

時間労働は徐々に減らすべき

終身雇用が崩壊している時代に時間を売ってお金をもらっていたのでは突然解雇された事態に対処できません。ましてや一般的な企業では大幅な昇給も期待できないため会社員であっても不労所得という資産を形成しておくことは非常に大切と思います。
逆に言うと不労所得が育っていない時期は時間に見合った対価を受け取れないこともありますが、正しい方法で継続すれば将来的に取り戻せるのでまずは気にせずトライしてみることです。

稼げるかどうかはさておき不労所得はこんなのがある

私が(稼げてるかどうかはさておき)取り組んでいる不労所得の例をご紹介します。イラストレーターやライターなどコンテンツを自分で生み出すことのできる人は不労所得を持ちやすいです。

LINEスタンプ・・・1つ売れるごとに31円の収益

イラストAC・・・イラスト素材を登録し、無料ダウンロードされるごとに3.2円の収益

ブログ・・・Google Adsenseの場合1万PVで数千円?(大事なのはPVではないですがあくまで目安として)

YouTube・・・1再生あたり0.1円以下?(登録者数や再生時間で変動するようです)

UT!me・・Tシャツ販売1枚あたり設定したデザイン費(初期値は300円)

 

 

「すぐに稼げる」は100%ウソ

ブログを書いたり動画をあげたりしてもすぐに収益が上がるということはレアケースです。数日で高額な収益を上げられるのはよほど才能があるか運に恵まれているか、もしくは炎上商法や違法アップロードなどが絡んでいるため長く続けられません。不労所得を得るということは、アクセスや視聴回数を集めるためではなく、見た人に価値を与えるものでなくてはなりません。なので稼ぐという目的が先に立っている人は長期的に見ると稼げないことが多いはずです。

マンションを買って貸すといった大きな行動に出られる人はごく少数なので、毎日コツコツとコンテンツを増やすことが一番の近道です。最初の期間はほとんど結果が出ないことが多く、そこで挫折してしまう人がほとんどのようなので自分が楽しめると思うことを選んで続けてみてください。

コツコツやって育てる期間が必要なので、不労所得で生きていくことを決意して即座に会社を辞めるのは危険だとだけ言っておきます。

 

まとめ

不労所得は収入に余裕のあるうちから少しずつ育てておくのが良い!

なかなか結果が出ないことの方が多いですが粘っていたら思いの外売上が上がったりするものです。まずは自分が楽しめるものを見つけて、続けてみることが大事です!

[amazonjs asin=”4872579305″ locale=”JP” title=”自宅で不労所得を生み出すすごい仕掛け―働かないで年収10倍!”] [amazonjs asin=”4334037291″ locale=”JP” title=”一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方 (光文社新書)”]

関連コンテンツ



この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

1992生の関西人。漫画『毎日でぶどり』を書いています。ブログには働き方や成長・マーケティング・便利ツール・書評について書きます。ご依頼・お問い合わせはお気軽に!