なんでもいいから行動し始めて、行動し続ける。




「何かやりたいんだけど何をしたらいいか分からない」という人に伝えたいことは「なんでもいいからやり始めるだけでかなり強い」ということです。

Instagramでやってみた「毎日でぶどり」の質問コーナーで多く寄せられる質問なのですが、インスタでは回答に限りがあるので深掘りして考えていきたいと思います。

僕が思う成功する方法

僕の考えでは成功するための行動は2つあって、

  1. 誰もやっていないことをやるか
  2. 誰でもできることを誰もやらないぐらいやるか

このどちらかだと思うんです。そして難易度的には圧倒的に2が易しい。(2が易しいというよりは1が難しすぎる)

逆に言うと、誰でもできることでも成功する道はあるはずです。

とはいえ最初から成功者と比較せず、気軽に始めることが大事。

 

とにかくやり始めろ!

やり始めるだけでかなりの人数を追い抜けます。ほとんどの人は始めたいと思っていることがあっても始めないからです。

僕だって英語や筋トレみたいなスキルはやろうやろうと思ってなかなか始めていません。きっとすぐに始めた人とは大きな差がついています。

続けることとやめることについては後で書きますが、やり始めたことを一生続けないといけない分けじゃありません。気軽に始めましょう。

 

何をすればいい?

自分が興味があるけどやったことがないことにはどんどん挑戦してみましょう。何にハマるかをやる前から分かるはずがないからです。

以前「激レアさんを連れてきた」という番組で見た矢澤亜希子さんという女性は「1年に10個、新しいことをする」と決めていたそうです。その中でバックギャモンというボードゲームに出会い、世界チャンピオンになるまでハマり倒しました。

興味はあるけど自分には関係なく見えてしまうものです。

 

ただしリスクは取らず

ただしいきなり大きなリスクを取らず小さく始めてみることです。「違う」と思った時にやり直せるようにです。起業してみようと思っていきなり在庫を抱えまくったら引き返せなくなりますから。

まずは大きなお金を掛けず・掛けても無駄になってもいいぐらいの金額で、まずはスタートする精神的ハードルを低くしましょう。

SNSで好きなことを発信してみるとか、まずは関連する本を読み漁って勉強してみるとかが第一歩としては有効な気がします。

なにか始めたいけど何から手をつけたらいいか分からない人がやるべき9つのこと

2017年10月8日

 

ひたすらやり続けろ!

やり始めた人の大多数は続けません。やり続けるだけでやり始めただけの人を追い抜くことができます。

何でもいいから行動量と思考量で常人を上回れば必ず何かが変わってきます。漫然と続けず、「もっと上手くやる方法はないか」と考え続けるとなおよし。

行動を継続するためには「行動すると楽しい」というイメージを付ける【うまくなる技術】

2017年6月28日

 

とはいえ続かなくてもいい

また矛盾するようですが続かなくてもいいです。少なくとも何もしないよりは圧倒的にいい。自分がどういうパターンで続かなかったのかを踏まえて次のことに挑戦しましょう。やり始めたことは決して無駄じゃありません。

こちらのツイートの記事が参考になります。

 

まとめ

  • やりたいことは何でもいい
  • 思いついてもやり始める人はほとんどいない。やり始めるだけで価値がある
  • やり始めてもやり続ける人はほとんどいない。やり続けるほど価値が上がる
  • できれば「どうすればより改善できるか」考えることをセットにして続ける

関連コンテンツ



この記事をシェアする!