目標とするフリーランスの仕事の流れを知る方法




どうも、橋本(@Abhachi_Graphic)です。

今回は「フリーランスの仕事を知る方法」について書いていきます。

僕は今でこそフリーランスとして生きていますが、独立当初は勢いで会社を辞めたせいで「LINEスタンプを作りまくって生き残る」という再現性のカケラもないルートを辿りました。「フリーランスの仕事」について研究しておけばよかった‥と思ったものです。

かつての僕のような、機会があればフリーランスになりたいと思っている方のお役に立てば幸いです。

目指す人に仕事を頼む

フリーランスの仕事の流れを知る方法。それはズバリ、自分が目指すフリーランスに仕事を発注することです。

先輩フリーランスを捕まえて仕事のことを一から十まで聞いても「先輩フリーランス対フリーランス志望」という構図にしかなりません。これでは一番知るべき「お客さんに対する目線」を学ぶことは難しいでしょう。相手の時間も無為に奪ってしまうことになります。カンタンなのは自分がお客さんになることです。

頼むならココナラより適正価格

今はココナラなどのスキル売買サービスの普及で個人が気軽にクリエイターに発注することができるようになりました。しかしそういったサービスは食っていくためには単価が低すぎるので、現役バリバリの人に対してきちんとホームページから依頼した方がいいです。「次は自分がその対応をする」ということを学ばなければ意味がありません。

クラウドソーシングより高く付くと思いますが、クオリティの高い成果物に勉強代もコミだと思えば安いものです。適正価格で発注しないとサービスの値付けを学ぶこともできません。「自分もこれぐらい取れるように頑張ろう」と思えるはずです。

 

フリーランス支援のカッシーさんもこの方法を推奨なさっています

 

先人に学ぶ

とはいえ発注するのは大きなお金が必要な場合もあります。そんなときは本を読んで手軽に学びたいもの。

そんな方にぜひ読んでいただきたいのがベルリン在住イラストレーター高田ゲンキさんの漫画「フリーランスで行こう!」です。

まだフリーランスに対する認知も情報も少なかった時代に独立した高田ゲンキさんの独立〜現在の活躍に到るまでのリアルなエピソードが漫画で収録されています。

上のツイートにもありますが主な内容は

  • 会社から独立して感じたフリーランスの素晴らしさ
  • 駆け出しフリーランスに仕事が来ない理由&初めての仕事を取る方法
  • 不払いや改変といったクライアントトラブルへの対応

など、特にこれからフリーランスを志す方の役に立つ話が盛りだくさんです。

何より漫画なので読みやすく、分かりやすいです。

時代差や職業差はあるかと思いますが、自分のやりたいことや使えるツールで読み替えればフリーランスの本質を学ぶことができます

The following two tabs change content below.

橋本ナオキ

1992生の関西人イラストレーター。毎日投稿4コマ漫画『毎日でぶどり』の書籍化が決定しました。クリエイターが固定収入をつくる方法を発信しています。LINEスタンプ•着せ替え合わせて100個作りました。働き方や成長・マーケティング・便利ツール・書評について書くことが多いです。ご依頼・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク









この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

1992生の関西人イラストレーター。毎日投稿4コマ漫画『毎日でぶどり』の書籍化が決定しました。クリエイターが固定収入をつくる方法を発信しています。LINEスタンプ•着せ替え合わせて100個作りました。働き方や成長・マーケティング・便利ツール・書評について書くことが多いです。ご依頼・お問い合わせはお気軽にどうぞ。