iPhoneのストレージ不足を解消させてみた【お手軽版】




どうも、橋本(@Abhachi_Graphic)です。

皆さんはお持ちのスマホの容量に余裕はありますか?

僕のiPhoneは気づけばストレージ容量がほぼいっぱいで、写真を撮ってもアプリをアプデしても「空きが足りねーぞ」と叫び出しました。そこで今日はお手軽にiPhoneのストレージ容量を改善する方法をいくつか試してみました!

 

不要なアプリを消す!

当たり前のことですが、まずは使っていないアプリを消しましょう!

使ってないアプリなんてそもそも入れねーよ

という声が聞こえてきそうです。しかしスマホのホーム画面は毎日眺めて慣れているせいで使っていないアプリに気づきにくいもの。一つずつ使っているか・本当に必要かを精査しながら見ていきましょう。

僕の場合はホーム画面中央に堂々と使ってないアプリが居座っていました。アプリの削除が一番手っ取り早く、大きく容量を回復させる技です。

 

容量を空ける大原則『要らないものを消せ』

Macのストレージを大掃除する記事でもお伝えしていますが、容量を空けるために一番有効で当たり前なことは『不要になったアプリやファイルを消していく』ことです。

Photoshopに”仮想記憶ディスクの空き容量がありません”と出たのでHDDを整理した全方法【mac】

2017年12月5日

一番の容量食いアプリ「写真」の整理

 

スクリーンショットを消す!

iPhoneの写真はサイズが大きく、一枚でもかなりの容量を食ってしまいます。

写真を一気にPCに保存して全削除してもいいのですが、(iPhoneからMacに移す方法はこちら)端末上で手軽にできることは、スクショを消すことです。

スクショは一時的なメモ的な意味合いで撮ることが多いので、今見ると不要になっているものは多いと思います。

 

マイフォトストリームをオフにする

マイフォトストリームは30日分の写真をアップロードして、他の端末からも見られるようにする機能。共有するときなど使いようによっては便利ですが、普通に写真を撮る分にはそこまで必要ありません。しかもカメラロールとは別に同じ写真が重複して端末に保存されてしまうので、最近撮った写真のサイズ総量が単純に倍になると言う落とし穴があります。

不要な人は積極的にオフにしましょう!マイフォトストリームは[設定]→[写真]から設定ができます。

 

アプリのキャッシュを削除する

お次はアプリのキャッシュを削除しましょう。

Safariなどのブラウザのキャッシュは大事な働きをしていることもありますが、消したからといって何か重大な不具合が起こることはありません。キャッシュについてめちゃくちゃ簡単に説明すると、普段ネットをするときはWebページのデータをサーバーから貰っているわけですが、よく開くサイトを何度もダウンロードするのは通信の無駄ですよね。なのでキャッシュ(=一時保存)して置いておくと便利なわけです。しかし長いことキャッシュを放置しておくと一年で一回しか訪れないサイトのデータが溜まっていってしまいます。

以下ではよく使うアプリのキャッシュクリア方法を試していきましょう。

Safariのキャッシュを削除する

[設定]→[Safari]→[履歴とWebサイトデータを消去]

iPhoneの設定アプリからSafariを選択肢、上記の[履歴とWebサイトデータを消去]ボタンを選択します。キャッシュだけという選択方法ができず、閲覧履歴も一緒に消去されてしまいますので不便が出る方は注意が必要です。

 

LINEのキャッシュを削除する

[設定]→[トーク・通話]→[データの削除]

データの削除画面まで行くと、消去する対象を以下から選ぶことができます。

キャッシュデータを消しても写真やトークデータは消えないので安心ですが、それ以外にチェックを入れないように注意しましょう。

 

Twitterのキャッシュを削除する

Twitterはキャッシュクリアの機能がないので、アプリを消去して再インストールしましょう。

削除してもiPhoneの設定画面にはTwitterの項目が残っているので、そこから簡単に再インストールすることができます。TwitterはLINEと違って消去してもデータが消えたりすることはないので安心です。

 

ちなみに記事を書きながらTwitterを削除→再インストールしたら100MB近く容量が浮きました。

 

iPhone自体の電源を切る

iPhone自体に溜まったキャッシュは再起動することで消去されます。

日中はもちろん就寝時もアラームとして使えるiPhoneですから、なかなか電源を落とす機会は少ないかもしれません。一度思いついた時にやってみましょう。

 

よく充電が切れて再起動しまくっている私のiPhoneでも電源を落としてみたら、20MBほどストレージが削減されました。

 

まとめ

PCに繋いだり面倒なことをしなくても結構ストレージ容量は回復できる。

基本はやっぱり「不要なものを消す」。これに尽きます。

 

関連コンテンツ



この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

1992生の関西人。漫画『毎日でぶどり』を書いています。ブログには働き方や成長・マーケティング・便利ツール・書評について書きます。ご依頼・お問い合わせはお気軽に!